配送車両のラッピングは統一感も必要

配送車両にラッピングする効果とは何でしょうか。その車が、配送業務についていることを示す狙いもあります。大手の宅配会社は、目立つように統一したボディや形状の配送車を使っています。一時停車の際に、違法駐車とみなされないようにする狙いもあります。

そのためわかるようなラッピングを施す位置は、車両によってばらばらにするのではなく統一しています。全国で統一の車を走らせることで広告の効果が増すことになります。せっかく統一したラッピングを配送車両にほどこしたとしても、数年で色あせてしまうのでは逆効果です。やる限りは、丈夫で色あせしないようなペインティングを施すべきです。

高品質なペイントもありますので、色合いにも工夫をこらすことが大切です。社名などやロゴにしても統一して用いることが大切になります。配送車両は、常に移動しているため多くの人に注目を浴びることになります。一目みて印象に残るようなデザインが望ましいです。

大型車両の配送車の場合にはボディの面積も広いですから、広告効果を狙えるような図柄を選ぶことが大切です。配送に当たている間の停車時は、格好のコマーシャルといえます。イメージが良い印象を与えれば、商品イメージもあがります。配送が食料品などの場合には美味しさをアピールすることも忘れてはいけません。

何を運んでいるのかをイメージさせることも運送には必要な場合があります。直送便といった、鮮度をイメージさせるようなラッピングが好まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*