平面式に近い感覚で利用可能な自走式立体駐車場

広々としたと土地がある地方部では平面駐車場が多いですが、都心部では土地がないために立体駐車場が中心となります。立体駐車場が苦手な人にとってはプレッシャーを感じてしまう人も多いようです。立体駐車場には機械式と自走式の2つのタイプがありますが、平面駐車場に近い感覚で利用できるのは自走式立体駐車場のほうでしょう。機械式立体駐車場の場合、前方の大きな鏡を見ながら二つの溝にタイヤがおさまるように入れていかなければなりません。

初めての人や初心者マークの人にとってはかなり緊張を強いられるものです。また混んでいるときは行列ができてしまうのも嫌なものです。これに対して自走式立体駐車場はスロープを上って行かなければならないという点は平面駐車場とは異なりますが、各階でクルマを駐車する時には、平面駐車場と同じような感覚で止めることができます。隣のクルマとの幅を比較的ゆったり確保している自走式立体駐車場も多いので、その点でも安心感があります。

自走式立体駐車場を利用する際の注意点としては、一方通行になっている場合が多いの注意が必要なことです。逆走しているクルマを時々見かけますが、これは大変迷惑な行為ですし、事故の原因となりかねないので逆走しないように注意したいものです。また店舗の入り口にクルマが集中する傾向があります。すぐに店舗に入ることができるので便利ではありますが、埋まっていることが多いので、入り口から少し離れた場所でも余裕をもって駐車できる場所がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*