自走式立体駐車場の種類

地面そのままの駐車場を平面駐車場と言うのに対して、幾層にも重なった立体的な駐車場を立体駐車場と言います。なおこの立体駐車場は大きく2種類に分けられます。それは、自走式立体駐車場と機械式駐車場です。どちらがどの様に違うのでしょうか。

自走式立体駐車場は、その字の通りで、目的の階層まで車の所有者が運転して駐車するタイプです。ある量の台数の車を停めるには、それなりの広さの駐車場が必要ですが、マンションや来客用或いは、公共施設、商業施設等の人通りが多い所に便利です。より多くの駐車台数を確保しておくと駐車場利用料金を利用者同士で割るので料金は安くなりますが、条件や環境によっては高くなる場合もあります。また自立式立体駐車場にはスキップ式、フラット式、連続傾床式があります。

機械式駐車場は、タワー式と多段式が存在します。こちらは機械装置によって車を入れ、そのまま運びます。都会の様な狭い土地を有効活用する為の1つの手段です。収容率は抜群に優れています。

フラット式の駐車場は、各階がスロープで繋がれた至ってシンプルな方式です。上の階へ向かう車と停車する車の導線が別なので、安全性にも優れています。構造上ほぼ一方通行なので見通しが良く、出し入れをスムーズに行えます。道も平坦なので車椅子利用の方や高齢者にも負担が少ないです。

誰にでも親切な設計と言えるでしょう。スキップ式は階層を半階分ずらしてスロープを短くしているので歩行しやすいです。自走式立体駐車場の中で画期的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*