変化しつつある自動車学校

自動車学校は、車の運転免許を取るための学校です。自動車学校に対するイメージは、世代ごとに大きく異なっています。昭和40年から昭和50年代生まれの人であれば、自動車学校の中に鬼教官と呼ばれる人がいたり、なかなかはんこを押してくれない厄介な教官がいて、苦労した人も多いでしょう。ですが、平成生まれの人のイメージは、快適なイメージやサービスの良いイメージを持っている人が多い傾向にあります。

このように、自動車学校に対する評価や見方が異なるのは、学校自体が徐々に変化をせざるを得なかったからです。現在自動車学校は、ひと昔場合に比べると生徒数が減っています。これは、少子化の影響が1つありますが、それだけではなく自動車を必要としない人も増えているからです。このような中で、自動車の教習所も指をくわえて見ているわけにはいきません。

そこで、少しでも生徒を獲得しようと、様々な点において工夫を凝らしています。まず、嫌われている教官を排除することです。あるいは嫌われている教官を教育指導し、理不尽な指導を改めようとしています。サービスの面では、教習所に高級外車を使用するところが目立ちます。

また、ネイルサロンやマッサージを100円程度で受けることができるチケットを販売したり、コーヒー飲み放題にするなどのサービスを徹底することで、そのイメージが大きく変わりつつあります。シミュレーターも最新のもの利用して、よりリアルにすることでたくさんのお客さんを呼び寄せているところも少なくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*