自動車学校を選ぶときは下調べが重要

運転免許を取るには自動車学校に通う必要があり、どこに通うかきちんと選ばないと後々後悔することがあります。自動車学校で行うことは基本的にどこも同じで、筆記である学科の授業と実技である運転の授業です。しかし、場所ごとに値段や授業の行い方、教官の質などはまちまちで、これによって人気の学校とそうでない学校というのがあります。値段はATで約30万円、MTで約28万円が相場ですが、中には20万円以下で行っているところもあります。

しかし、これには注意が必要で、日本の自動車学校には公認の指定自動車教習所と非公認の届出自動車教習所の2種類があります。前者は卒業すれば運転免許試験場での実技が免除になりますが、後者はあくまで「運転と筆記試験の練習をするだけ」ですので、卒業してもなにも免除にならず、全ての試験を審査の厳しい試験場で受けることになります。安いところはたいてい非公認の場所で、卒業したのはいいけど運転免許試験場での試験になかなか合格できずに結果的に高くなってしまったということにもなりえます。また、教官の質も自動車学校ごとにかなりの差があります。

実技の授業では助手席に教官が一緒に乗って運転の指導をしてくれますが、ひどいところだと何も言わずに寝始める人や逆にすごく厳しくて心を折りにくる人などもいます。もちろんやさしく丁寧な人が多いですが、事前にどんな教官がいるのかネットで口コミをチェックしておくとよいでしょう。もし、苦手そうな教官がいるなら、他の教官を指名して授業を受けるなども場所によっては可能です。自動車学校は場所によって値段や教官の人柄がかなり異なります。

事前に人に聞いたりネットを調べたりすることで、「ここなら通い続けられる」と思う場所を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*