自動車学校、通う期間はどれくらいか

運転免許取得に際して通うことが必要なのが自動車学校です。これは、そこで自動車を運転するのに必要な知識や経験を学習し、積み重ねていくためです。では実際、どれくらいの期間、自動車学校に通うことになるのかと言う点ですが、これは千差万別です。たとえば自動車学校の規模が大きく、自動車も多数の台数、用意されており、講師の数も十分で、かつ日中だけでなく夜遅くまで営業していると言う自動車学校の場合は、それだけ受け入れることができる生徒の数は多くなります。

そのため予約を入れるのも比較的、スムーズであるため、通う期間は短くなることが予想されます。またシーズンも通う期間に大きく関係してくる要素のひとつです。たとえばGWやお盆、年末年始などは学生は勿論のこと、社会人の人も休みになることが多いです。そのためこの期間には、予約が集中することが予想され、そもそもとして予約を入れることすら叶わないと言う事態も考えられます。

そうなると、その日数分だけ、通わなければならない期間は増加してしまいます。よって一概に期間を限定することはできないのですが、自動車学校で修了する必要があるカリキュラムと言うのは、その時間数が決められています。車種によって多少の違いはありますが、たとえばAT普通免許の場合は、学科が26時間、技能が31時間となっています。これを合計すると57時間となり、もし週に2日、2時間ずつカリキュラムを消化していった場合には、だいたい3ヶ月の期間が必要と判断できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*