配送車両のラッピングは配達中に宣伝が可能

配送車両の多くは荷台部分に会社の社名やロゴマークなどの情報をペイントを使って記してありますが、車体を洗車しても色あせや色落ちがしないなど強力なペイントで施してあるのが特徴です。社名やロゴマークを配送車両に施す事は企業アピールの目的があるわけで、引越し会社などの場合はフリーダイヤルなどを併記しておけば、問い合わせ件数を増やせるメリットに繋がります。企業アピールの中には期間限定のサービスもあるかと思われますが、配送車両にこうしたサービス内容を広告として利用する場合は一般的なペイントではなく、ラッピングを使います。透明のフィルムシートに印刷が行われたものを車両に貼り付ける事できれいな広告を作り出す事が可能です。

スプレーを使って施工を行うのと違い、ボディの下地を傷つけずに施工が出来るのがラッピングの特徴と言えましょう。塗料の場合はシンナーなどのような有機溶剤を使って塗膜を剥がす事になりますが、塗膜の厚みによってはきれいに剥がせない、下地の上に広告がうっすらと残る事もあります。ラッピングの場合はフィルムシートを剥がせば元の下地に戻せるため、期間限定のサービスを広告として利用したい時にも便利です。また、フィルムシートに印刷を行うのがラッピングの特徴で、複数の配送車両に広告を掲載したい時などコストを抑えられるメリットもあるわけです。

同じ品質できれいな広告を配送車両に施せるのもラッピングのメリットと言えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*