周囲に配慮した配送車のラッピング

広告宣伝として配送車をラッピングするケースは多いですが、その一方で自分の会社のロゴマークや暮らしに必要な存在であることをアピールするケースも増えています。それだけ周辺の人からすれば目に入りやすいものであり、ラッピングされた配送車に注目を集めるケースも出てきます。そんな時に大事なのは周囲の環境に配慮した形で配送車のラッピングをしていくことです。目立たせようとするがあまり、派手なものになってしまって迷惑をかけるケースがあります。

目立たせることは必要でありながらも、できるだけ自然に行うことが求められます。例えば原色を用いるケースですが、あまりに華美なものでは周囲に比べて浮きやすくなり、景観を損なう可能性があります。都会ではよく見られる大きなトレーラーに広告となるものを載せているケースでは大きさゆえに都会でも目立ちますが、同じようなことを住宅街の中でやれば明らかに迷惑であることがわかります。配送車にラッピングをする場合でもできるだけ自然な色や自然な大きさにするだけでなく、見ている人が認識しやすい形にしていくことが大事です。

特に子育て世帯が多く利用するケースは親しみやすいものの方が訴求効果が高いです。サービス業や配送業はお客さんへの気遣いが求められますが、配送車のラッピングでもそうしたものは示せます。実際に行う前に様々なパターンを作っておいて、評判の良かったものにしていくのが理想的と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*