自走式立体駐車場の構造と選び方

自走式立体駐車場にはそのスペースの利用方法と対象となる運転者の技量等、様々な要素を考慮して設計する必要があります。特に多くの人が訪れる商業施設等の場合には自動車の運転に慣れていないと言う人でも、比較的楽に駐車することができる構造とすることが集客力を高める上で重要な要素となっており、そのために様々な構造の中から最適なものを選ぶことが必要となります。自走式立体駐車場にはそれぞれの階層をスロープで結んだフラット方式と、スペースを2つに分け互い違いに駐車スペースを確保しスロープを極力減らしたスキップ方式、さらにはスロープの途中に斜めに駐車スペースを配置した連続傾床式などがあります。最も効果的にスペースを確保することができるのは連続傾床式ですが、この場合には停車した部分に車両を駐車することになるため、その安全確保のために車止めを設置するなど様々な対策を行わなければなりません。

自走式立体駐車場は様々な設備を最小限に抑えることができるため、運営上はコストが低く簡単に管理をすることができるものと考えられている面があります。しかし最も安全性が高いと考えられているフラット方式であっても、場内でそれぞれの運転者が独自に走行をしているため、様々なトラブルが発生する危険も非常に多くなっているのが実態です。そのため、それぞれの構造上の特徴を十分に理解し、これに合わせた安全対策を行うことが大切なポイントとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*