自走式立体駐車場にも様々な種類があります

ショッピングモールやスーパーマーケット、宿泊施設や飲食店など、多くの商業施設に欠かすことができないものに駐車場が挙げられます。駐車場といってもさまざまなものがあり、平地がそのまま駐車場になった平面や、立体的で多くの車を停めるスペースを設けられる立体駐車場など、その種類は様々です。またこの中でも立体駐車場は、自走式立体駐車場、そして機械式の二つに分けることができます。自走式立体駐車場とは名前からもわかるように、運転している人が目的の階まで車を運転した上で、駐車スペースに車をとめるタイプです。

駐車台数を確保するためには、それに見合うだけの大きな土地が必要ですが、マンションや公共施設の駐車場などにも、この自走式立体駐車場は適していると言えるでしょう。多くの駐車台数を確保することができるため、利用料金を抑えることにもつながります。そしてこの自走式立体駐車場は、フラット式、スキップ式、連続傾床式の三つの種類があります。フラット式とはスロープで連結されている立体駐車場のことを指しています。

一番シンプルなタイプであり、上に向かう車と駐車する車の導線が分けられることから、安全確保においては安心と言えます。スキップ式は駐車階を半分ずつずらしているもので、一つ一つのスロープを短くできるので、走行しやすいのがひとつの特徴です。連続傾床式は昇降スロープを兼ねてゆるく傾きのある駐車スペースで構築されているものです。緩やかな螺旋状になっているのが特徴で、スロープがいらないので高い面積効率が実現できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*