自走式立体駐車場の種類や特徴

自走式立体駐車場は、ドライバーが運転して駐車するのが特徴で飲食店や商業施設等に利用されています。自走式立体駐車場はいくつか種類があり、フラットとスキップ式それ以外に連続したらせん状があるのが特徴です。自走式立体駐車場は機機械式と比較して車の出し入れが簡単なのがポイントになります。車両の重量制限が比較的に緩く設定されている施設が多いのが特徴です。

防犯面で安心できる設計になっている場合があり、愛車を守るの野に便利になります。自走式立体駐車場は屋根付きで設計されている場合が多く、雨等の影響を受けにくいのがポイントです。フラット式のこの施設は、安全面で優れています。上からの車両がみやすく、車を降りた歩行者が安全に移動できるのが特徴です。

緩やかなスロープになっており、車いすを使用する方や高齢者以外に小さな子供が利用しやすい設計です。スキップ式は駐車するフロアーを半分ずらしているのが特徴になります。この方式のメリットは自分の車を駐車した場所が見つけやすい点です。三つ目のタイプの特徴は、らせん状に作られている点になります。

スロープがないので効率よく駐車スペースが確保できるのがメリットです。自走式立体駐車場は大型の飲食店や商業施設そして宿泊施設で利用される方法になります。車両の防犯や歩行者の安全確保がしやすく、雨天でも利用しやすい作りになっているのがメリットです。代表的な3つの方法はそれぞれ特徴があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*