自走式立体駐車場を運営するに当たっての注意点

多くの商業施設などで扱われている駐車場の一つに、自走式立体駐車場と呼ばれるものがあります。自分で走るという名前からもわかるように、運転者が車を所定のスペースまで走行して駐車する仕組みのことを指します。自動車が走る道と駐車する枠を確保するだけなので、設備にかかる費用は比較的安いのが特徴です。このようなことから費用を抑えて運営できると知り、自走式立体駐車場を導入するケースが多く見られます。

しかし自走式立体駐車場を運営するにあたり、いくつかの注意点もあるため、それらを十分に把握した上で運営することが求められます。自走式駐車場は、車を停めたい運転手が自ら走行することになる為、運転手の技術により駐車できる場所や安全性なども大きく異なるでしょう。このようなことからスペースの広さの確保について、予め十分に検討する必要があります。そして一番注意しなければならない事が、万が一事故が発生した際の対応です。

事前に利用者に対し通告しておく必要があり、万が一通告を怠った場合には、運営をしている側の責任を問われることにもなりかねません。このようなトラブルが発生すれば、駐車場を利用する人も減る可能性もあり、その後の経営にも大きな問題を抱えることにもなります。自走式駐車場とはいえ当店入庫や出庫の管理については適切に行う必要があり、どのような形で行なっていくのかどうかも考えなければなりません。満車になった場合には、適切に管理が行わなければ、進入したのに駐車ができないというトラブルを生むことにもなります。

管理の仕組みは明確にする必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*